<子猫を保護#4>幸せな日々

子猫を保護

親子たちには、朝と夕方に、エサをやった。

チビは、食べるより遊びたい

他にも、誰かがエサをやっているようだったが、食欲旺盛な子猫たちは、何度も食べているようだった。

朝7時に、2階の窓から、「ねこー!」と、日本語で叫ぶと、子猫たちが走ってくるようになる。夕方は、3時頃から、玄関のドアのところに置いてある観葉植物をめちゃくちゃに荒らしながら、待っているようだ。

玄関には、防犯用のカメラを設置してあり、子猫が遊んでいるのを、毎日カメラが記録している。まだ私は一緒に遊ぶことはできないので、毎日、それを見るのが楽しみの一つだった。2匹の子猫が、取っ組み合いをしたり、追いかけっこをしたり、それを母猫が寝そべってじっと見ている。

玄関前のセキュリティカメラび映像。子猫たちがきているかどうかを確認。

この母親は、おそらく、まだ若いのだろう、1歳になっていないかもしれない。まだ、子猫のようで、子猫たちと一緒になって遊ぶことも多かった。そんな3匹の幸せそうな姿に、毎日とても癒されていた。

猫に、勝手に名前を付けた。

母猫は、るるちゃん。うちの猫の名前は、代々、キキ、ココ、リリ、ミミ、モモという感じなので、それにちなんでつけた。今、思えば、この母猫だけはずっと世話をするつもりだったのかもしれない。

子猫は、グレーの子を「チビ」。母親(るる)が、グレー一色で、それをそのまま小さくしたとても可愛い子。

もう1匹は、手足の先だけが白く、靴下をはいているみたいだったので、「タビ」と名付ける。チビが女の子で、タビは男の子かな、と、雰囲気を見て思っていた。実際は、触ることができないので、わからない。

エサ、まだかなぁ。待ちくたびれちゃったよ
親子で仲良く並んでるのが可愛いね

警戒していた子猫たちも、エサを持って、玄関ドアを開けると、距離を保ちながらも寄ってくるようになる。チビちゃんは、私の足首を小さい前足で、トントン、と叩くようになった。可愛すぎる。車に擦られたのか、背中の毛が一直線にハゲている。よく見てみたが、怪我はしていないようだ。ギリギリセーフだったのかもしれない。

タビちゃんは、警戒心が強く、あまり近づいてこないが、いつもとてもお腹を空かせているようで、エサへの食いつきがスゴイ。いつもチビと、るるちゃんを押しのけて食べる。

チビちゃんは、ドライフード(カリカリ)しか食べない。もしかしたら、いつもタビちゃんに押しのけられて、缶(ウェット)フードを食べられないのかと思って、お皿を3つ用意してみたが、どうもあまり好きではないのか、食べず嫌いなのか、においをかぐだけで食べないのだった。

るるちゃんと、タビちゃんは、缶フードが大好きなので、いつも缶フードとドライフードの2種類を用意した。

うちの猫は、贅沢で、気にいらないと食べずに、他のものを出せと、ギャーギャー鳴くほどわがままに育ててしまった。日本から、カリカリや、いなばのかつお、ちゅーるを取り寄せているのだ!

なんでも大喜びで必死に食べてくれる、この親子にエサをやるのが楽しくて仕方なくなってしまった。

うちの猫たちは食べないので買わなくなっていた、いろいろな缶フードを毎回、ペットショップで選ぶのも楽しかった。

なぜ猫がエサを食べてくれるというだけのことに、これほど幸せを感じるのだろうか。

猫って不思議だよなぁ。

タビちゃんが、るるちゃん(ママ)のしっぽで遊んでるのが可愛いね!
チビちゃんがひとりで遊んでる
2匹でおいかけっこ

I fed the kittens in the morning and evening. It seemed like someone else was also feeding them, but the hungry kittens seemed to be eating multiple times.

At 7 a.m., when I called out “neko!” from the second-floor window, the kittens started running towards me. In the evening, around 3 p.m., they seemed to wait while making a mess of the potted plants near the front door.

There’s a security camera installed at the entrance, recording the kittens playing every day. Since I still can’t play with them, watching the recordings has become one of my daily pleasures. The two kittens wrestle and chase each other, while the mother cat watches them quietly lounging.

This mother cat is probably still young, maybe not even a year old. She still acts like a kitten herself and often plays with the kittens. Watching their happy interactions every day was very soothing.

I gave them names without consulting them.

The mother cat is called Lulu-chan. Our cats have always had names like Kiki, Coco, Lili, Mimi, Momo, so I named her after that tradition. Looking back, maybe I always intended to take care of this mother cat.

One of the kittens, the gray one, is called Chibi. The mother (Lulu) is all gray, so this one is just a smaller, very cute version of her.

The other kitten has white paws that look like socks, so I named him Tabi. I thought Chibi might be a girl and Tabi might be a boy based on their demeanor, but I can’t be sure since I can’t touch them.

The cautious kittens also started approaching, albeit keeping their distance, when I opened the front door with food. Chibi-chan started tapping my ankles with her small front paws. Too adorable. She has a straight line of baldness on her back, maybe from rubbing against a car. I checked closely, but she doesn’t seem to be injured. She might have just narrowly avoided getting hurt.

Tabi-chan is very wary and doesn’t come too close, but he always seems very hungry and eagerly goes for the food. He always pushes Chibi and Lulu-chan aside to eat.

Chibi-chan only eats dry food. I thought maybe she couldn’t eat wet food because Tabi-chan always pushes her aside, so I tried setting out three plates, but it seems like she’s not very fond of it or maybe she’s a picky eater; she just sniffs at it but doesn’t eat.

Lulu-chan and Tabi-chan love wet food, so I always prepare two types: wet and dry.

My cats are so spoiled; they’ve been raised to be so demanding that they won’t eat if they don’t like it, and they’ll meow and meow until they get something else. We even order kibbles, canned tuna, and treats from Japan!

I’ve become so excited about feeding this parent-child duo, who eagerly devour anything I give them.

Our cats used to not eat, so we stopped buying various canned foods, but it’s fun to choose different canned foods each time we go to the pet shop.

Why do I feel so happy just because the cats eat? Cats are mysterious creatures, aren’t they?

コメント

タイトルとURLをコピーしました