<子猫を保護#5>父猫のがんちゃん

子猫を保護

子猫たちにエサをやることに喜びを感じて、毎日、楽しんではいたが、いろいろな問題が気にならないわけではなかった。

3匹の親子の周りには、父猫がいた。見るからに、去勢していない感じだ。彼は、とてもユニークな顔をしており、タカくんが、「雁之助」と名付けたので、がんちゃんと呼んでいる。がんちゃんも一緒に、私が与えるエサを食べようとしたことがあったが、母猫に近づいて欲しくなくて、いつも追い払っていたので、近くでながめているだけになった。賢い子のようで、私の顔色をうかがい、食べようとしない。それでも、お腹が減っていたら、食べるだろうに、全くそういう悲壮感もなく、飼い猫なのだろうか?と思っていた。

子猫たちが食べ終わった後、水を飲むがんちゃん

近所のジャマイカ人、アンジーに聞くと「野良猫よ、道を隔てたところの家でいつもエサ、もらっているのよ」と、さすがによく知っている。

あとは、スーザンがエサをやっているのを何度か見た。スーザンが笑った顔は見たことがないが、彼女はとても動物が好きなようで、猫だけでなく、アヒルにもエサをやっているようだ。スーザンが、家から出てくると、猫だけでなく、アヒルたちも、急ぎ足で駆け寄るのだ。以前、ゴミ収集車が、アヒルのヒナを轢き殺してしまったことがあったのだが、それ以来、いつも心配そうに見守っているのを見かける。愛想がないだけで、悪い人ではないようだ。

猫にエサをやり始めてから、急にご近所さんの様子が見えてきた。今まで、顔をみるくらいで、気にしたこともなかったのだが、猫たちが、誰からエサをもらっているのか、注意深く見ることで、少しではあるが、ご近所さんたちがどのように暮らしているか見えてきた。これも猫が作ってくれた縁なのだろうか。

3匹が食べるのをじっと見守るがんちゃん

私がにらんでいるので、食べようとしないがんちゃん。今思えば、可哀想なことをしたが、そのときは、るるちゃんを妊娠させる可能性が高かったので、ここには、できるだけ近づけたくなかった。おなかが減っていただろうに、決して食べなかった。

るるちゃんは避妊手術をしていないだろうし、がんちゃんがそばにいれば、いずれまた、子猫が産まれてしまう。どうすればいいのだろう。

とにかく、猫は飼ってはいるものの、野良猫のこのような状態に遭遇するのは初めてで、どうすればいいのかわからない。

タカくんに相談すると、「アニマルコントロールに連絡して、捕まえてもらえばいい。」と言う。

毎日、エサをやって、可愛くて仕方がなくなっている私には、要するに保健所のようなところに連絡したその後はどうなるのだろうか。という漠然とした不安しかなく、実際に何も行動を起こせないでいたのだった。

何よりも3匹が幸せそうにエサを食べ、母親のお乳を飲んで、一緒にころがって遊んでいる姿を見ると、できる限り、この状況を長く続けてやりたいと思うのだった。

玄関前のセキュリティの画像。親子3匹で仲良く遊んでいます
3匹はとても仲良し。るるちゃん(ママ)も若いんだと思います。
元気に追いかけっこ
子猫たちの取っ組み合い
ごはんの心配がなくなって、幸せだね!いっぱい遊んでいっぱい食べよう!

I felt joy in feeding the kittens every day and enjoyed it, but I couldn’t help but worry about various problems.

Around the three parent and child cats, there was a father cat. He appeared to be unneutered. He had a very unique face, and since Takakun named him “Gannosuke,” I call him Gan-chan. Gan-chan had tried to eat the food I provided along with the others, but I always chased him away because I didn’t want to get close him to the mother cat, so he ended up just watching from nearby. He seemed clever, as he would gauge my mood and not attempt to eat. Still, I wondered if he was truly a domestic cat, as he showed no signs of desperation to eat even when hungry.

When I asked Angie, the Jamaican woman from the neighborhood, she said, “They’re stray cats, they always get food from the house across the street,” showing she knew well.

I’ve seen Susan feeding them too. I’ve never seen her smile, but she seems to love animals a lot. Not only cats but also ducks seem to get fed by her. When Susan comes out of her house, both the cats and the ducks hurry over to her. There was an incident before when a garbage truck accidentally ran over a duckling, and since then, she always seems to watch over them with concern. She may seem unfriendly, but she doesn’t seem like a bad person.

Since I started feeding the cats, I suddenly began to notice the behavior of my neighbors. Until now, I hadn’t paid much attention beyond exchanging greetings. But by carefully observing who the cats were getting food from, I’ve started to get a glimpse, albeit small, of how my neighbors live. Perhaps this is another connection forged by the cats.

Lulu likely hasn’t been spayed, and if Gan-chan continues to be around, more kittens will eventually be born. What should I do?

Although I have cats at home, encountering stray cats in this situation is new to me, and I’m unsure what to do.

When I consulted Taka, he suggested, “Contact Animal Control and have them caught.”

Every day, as I continue to feed them, I can’t help but find them adorable. But beyond that, I’m filled with vague anxieties about what will happen after contacting a facility like Animal Control. Due to this uncertainty, I find myself unable to take any action.

Above all, seeing the three kittens happily eating, nursing from their mother, and playing together, I feel a strong desire to maintain this situation for as long as possible.

コメント

タイトルとURLをコピーしました