<子猫を保護#6>いなくなった子猫

子猫を保護

ある日、近所のジャマイカ人、アンジーに、「子猫、どうしている?」と、聞いてみた。「子猫?いないよ」 との返事。「え?だって、前に3匹のうちの1匹だけ捕まえて、家にいるって言ったじゃない?」と、聞くが「子猫なんかいないよ」の一点張り。「それより、隣の家の猫、見た?とっても大きいのよ、1部屋全部、猫の部屋なの」と、話を逸らす。

一体、どうしたのだろう?と、不安になり、その後、日を改めて、3度くらい聞いたのだが、「うちに猫はいない」と言うだけ。いや、絶対、子猫1匹、捕まえて家にいるって言っていたし、旦那さんも「子猫が家にいる」って、以前、会ったとき私に言っていたのに。

でも、いないと言い張る以上、しかも3回も同じことを聞いて、これ以上は突っ込めない。もし、家から逃げたのなら、他の子猫たちと合流するはずだし、エサももらいに来るだろう。もし、誰かにあげたのなら、そういうだろうし、とぼけるなんておかしな話だ。私の心の中にもんもんとした不信感が残った。

「このままだと、るるちゃん、またガンちゃんの子を妊娠しちゃうよね」と、少しでも不安を和らげようと、相談するつもりで言ったが、「あのオス猫は、最悪だわ、どこかに行けばいいのに」と、文句を言うだけで、具体的に行動を起こすようなことは言ってくれなかった。

やはり、私一人でなんとかしなければいけないのだろうか、誰か一緒に手伝ってはくれないのだろうか。

玄関前のセキュリティカメラ映像。遊びながらごはんを待つ親子
兄弟がいて良かったね!
元気!元気!

そんな不安を抱える日々が続き、ある日、エサをやろうとしているスーザンを見かけたので、思い切って話しかける。「るるちゃん、たぶんまた妊娠しちゃうよね」スーザンは、ニコリともせずに、「所詮、野良猫じゃない」。

アメリカ人に限らずだけれど、猫が可愛いから、お腹をすかせているだろうからと、エサをやる人は多い。でも、このままだと、猫が増えるから手術をしようとまでする人は、滅多にいないのだ。

私だって、そんなこと、誰かがやってくれないかなぁ、なんて実は期待している。でも、誰もいないし、私がやる以外、他の人に期待できないことは明らかだった。

今まで、一切、こんな経験がなかった私は、一体、どうすればいいんだろうと、親子にエサをやりながら、日々、悩むようになった。

ごはん、まだかな
ママに甘えるタビちゃん

One day, I asked Angie, a Jamaican neighbor, “How are the kittens?” She replied, “Kittens? There aren’t any.” Surprised, I said, “But you told me you caught one of the three kittens before and it’s at your home, didn’t you?” But she insisted, “There are no kittens.” Then she diverted the conversation, saying, “Have you seen the cat next door? It’s huge, occupying an entire room just for itself.”

I became increasingly worried about what could have happened. On another occasion, I asked about the kittens three times, but Angie simply reiterated, “There are no cats at my place.” I couldn’t shake off the memory of her mentioning catching one kitten and having it at home, and even her husband affirming this when we met before.

Yet, since she insisted they weren’t there, and after asking three times, I couldn’t press further. If the kitten had escaped, it should have reunited with the others or returned for food. If they gave it away, that would be the explanation, but to play dumb seemed odd. Suspicion lingered in my mind.

I tried to ease the tension by expressing concern about the possibility of Lulu getting pregnant by Gan-chan again, saying, “If we don’t do something, Lulu might get pregnant by Gan-chan again,” but Angie only complained about Gan-chan, saying, “That male cat is the worst. He should go somewhere else,” without offering any concrete solutions.

It seems like I might have to handle this on my own. Will no one lend a hand?

The days filled with such anxiety continued, and one day, I spotted Susan about to feed the cats. Gathering my courage, I decided to speak up. “Lulu will probably get pregnant again,” I said. Susan didn’t even smile. “After all, they’re just stray cats,” she replied.

Not just Americans, but many people feed cats because they find them cute and assume they might be hungry. However, very few go as far as considering surgeries to prevent the cats from breeding.

I secretly hope someone else will take care of such matters. But with no one stepping up, it’s clear that apart from myself, there’s no one to rely on.

Having never experienced anything like this before, I find myself troubled daily, wondering what I should do while feeding the cats.

コメント

タイトルとURLをコピーしました