<子猫を保護#2>子猫が2匹になる

子猫を保護

2軒隣りの仲良しのジャマイカ人、アンジーに会ったので「最近、子猫いるでしょ?いつからいたの?」と、聞いてみる。アンジーの旦那さんはこのコミュニティのお世話係をしていることもあり、いろいろと周辺のことをよく知っている。

子猫たちのことも、もちろん知っていて、すでにときどきエサをやっているらしい。最初は、4匹で生まれたが、すぐに1匹は車にひかれてしまったので、今は3匹になったと言う。そうだよな、車のホイールの中に身を隠して暮らしているのだからと思うと、あまりに切ない。でもこの時は、まだかなり他人事だったのだ。

ここには、もう20年住んでいるが、今までは、野良猫をたまに見かけるくらいで、子猫が住みついているのを見るのは、初めてだった。あまりの可愛さに、私もエサ、やってみようかな、と、安易に考え始める。

母親は、以前にも見かけたことのあるグレーの小さな綺麗な子で、確か3年くらい前に、ふらっとやってきた子猫に何度かエサをやったような気がするなぁ、と思い出すが、同じ猫かどうかはわからない。似ているから、縁続きなのかもしれない。

母猫も、子猫たちも、痩せていて、満足にエサを食べているようには見えなかった。でも、誰かが適当にではあれ、エサをやっているのだろう、だからここに定住しているのだ。アンジーも、「見かけたときに、チーズとかミルク、やるのよ」 と言っていたので、毎回、きちんとやっているわけではないようだ。

毎日、子猫たちの様子を注意して見ていると、同じコミュニティに住むスーザンが、子猫たちにエサをやっているところを目撃する。スーザンは、いつも不機嫌そうな顔をしていて、笑っているのを見たことがないし、今まで話したこともない。

私が近づいて行くと、逃げるように自宅のドアに向かって行くので、「この猫たちは、あなたの猫ですか?」と、慌てて聞いてみる。「NO!」と、短く答え、家の中に入ってしまった。野良猫にエサをやっているのを見とがめられたと思ったのかもしれない。ただ、子猫たちのことを知りたかっただけだったのだが。

子猫たちは、常に車の下や、ホイールの中、雨が降れば、ボンネットの中にいるので、車を出すときには、ボンネットを強く叩いたり、車の下を注意深く確認する必要があった。

そのうち、子猫が2匹になる。

いなくなった子猫(左の顔をあげている子)

どうしたのだろう、と気になって、アンジーに聞いてみると「1匹、捕まえて、うちにいるのよ、でも、残りの2匹は捕まえられなかった」 と言った。子猫たちの行く末がとても気になっていたので「もし、後の2匹を捕まえられたら、アンジー、一緒に飼ってくれる?」と聞いてみたが、うーん、と首をかしげるだけで、良い返事はもらえなかった。

I ran into Angie, my friendly Jamaican neighbor two doors down, and asked her, ‘Do you know when the kittens started hanging around here? I’ve been seeing them around lately. Angie’s husband takes care of the community, so he’s quite knowledgeable about the neighborhood and its happenings.

Of course, she also knew about the kittens and had been feeding them occasionally. Initially, there were four born, but one got hit by a car soon after, so now there are three, she said. It’s heart-wrenching to think about them hiding inside the wheels of cars to survive. But at that time, it still felt somewhat distant.

I’ve been living here for 20 years, and until now, I’ve only occasionally seen stray cats. It was the first time I encountered kittens settling in. Their cuteness made me consider feeding them too.

The mother cat is a small, pretty gray one I’ve seen before. About three years ago, I vaguely remember feeding a stray kitten that looked similar. I’m not sure if it’s the same cat, but perhaps it’s somehow connected.

Both the mother and the kittens looked thin, and it seemed like they weren’t getting enough food. However, someone must be feeding them enough to keep them here. Angie mentioned she gives them cheese or milk when she sees them, so it seems like it’s not a consistent feeding schedule.

Every day, as I kept a watchful eye on the kittens, I witnessed Susan, who lives in the same community, feeding them. Susan always wore a perpetually sour expression; I’d never seen her smile, and we’d never spoken before.

As I approached, she hurried towards her door as if fleeing, so I hastily asked, “Are these kittens yours?” “NO!” she tersely replied and disappeared into her house. Perhaps she thought she was being accused of feeding stray cats. All I wanted was to know about the kittens.

The kittens were always hiding under cars, inside the wheels, or under the bonnet when it rained. So, whenever I had to drive, I had to knock on the bonnet or carefully check under the car.

Eventually, the kittens became two in number.

Curious about what happened, I asked Angie, who said, “I managed to catch one and it’s at my house, but I couldn’t catch the other two.” I was deeply concerned about the fate of the kittens, so I asked, “If you manage to catch the other two, Angie, would you consider keeping them together?” But all I got was a hesitant shrug and no clear answer.

コメント

タイトルとURLをコピーしました