<子猫を保護#3>子猫たちにエサをやり始める

子猫を保護

とうとう、猫たちにエサをやり始めてしまった。

子猫たちは、まだ警戒して、私には近づかないが、母猫は、よほどお腹が空いているのか、私に何か言いたげに、じっと見つめてくる。

2つのボールに、うちで飼っている猫たち用のカリカリを入れ、1つに浄水器の綺麗な水を入れる。少しは安心するかと思い、車の下にエサと水を置いてみる。まだまだ警戒心が強いので、家の中から窓越しに写真を撮る。

私がいなくなった途端に、チビたちが、繁みから出てきて、競うように必死で食べ始める。エサがなくなると、水でおなかをいっぱいにするつもりなのか、ずっと水を飲んでいる。もしくは、こんなに清潔で美味しい水を飲んだことがなかったのかもしれない。

うちには、8歳になる兄妹の黒猫が2匹いる。いつもなら他の猫が、窓の外を通ると、シャーシャー言って怒るのだが、この3匹には何も言わず、ただじっと窓から食べるのを見ている。子猫には敵意を抱かないのかもしれない。

子猫たちは、食事と水でお腹いっぱいになると、母猫のお腹に、顔を突っ込んで、お乳を飲み始める。

母猫も、お腹が膨れて満足した様子で、子猫を抱くようにして3匹で寄り添っている姿は、本当に幸せそうで、私も一緒に幸せになる。

猫ってそのしぐさを見るだけで、幸せになるよなぁ。

この猫たちを、うちに引き取って世話ができない理由がある。

アメリカに20年以上住んできたが、あと5年くらいで、日本に完全に帰国しようと思っている。8歳の2匹の猫たちは、そのときまだ生きていられたら、日本に連れて帰るつもりではあるが、何匹もとなると、絶対に無理な話だ。

TNR(Trap・Neuter・Return)を略した言葉で、捕獲器などで野良猫を捕獲(Trap)し、不妊・去勢手術(Neuter)を行い、元の場所に戻す(Return)こと)後に、お腹が減らないようにだけはしてやろうと思う。

子猫たちだけでも保護して、アダプションセンターに引き取ってもらおうかと考えてもいた。

うちの2匹の猫は、8年前に、アダプションセンター(カウンティが経営する保護猫、保護犬の施設)から、もらい受けた。その時の手続きが、とても簡単なものだったので、猫をそこへ連れて行きさえすれば、引き取ってもらえるのだと思っていた。しかし1か月以内に引き取り手が決まらないと、殺処分されてしまうのかなぁ、という不安もあった。

とにかく、今まであまりそういうことに関与してこなかったので、詳しいことはわかっていなかった。

3匹で仲良く食事

ママがお出かけ中のときも2匹で仲良く食事

ただただ、毎日、子猫たちにエサをやり、おなかいっぱいになって、嬉しそうに幸せそうにじゃれあったり、走り回っているのを見るのが、本当に嬉しくて、幸せで、毎日の楽しみとなっていた。

玄関にあるセキュリティカメラの映像。夜に玄関の前で遊んでいる子猫たち

玄関の前で、エサを待っている
エサがくるまで、玄関の前で待っているようになった。ヒマをもてあまし、植木をぐちゃぐちゃにする。
るるちゃん(ママ)のお気に入りのマット。子猫たちも一緒にエサがでてくるのを待つ
エサ、まだかなぁ。。。

Finally, I started feeding the cats.

The kittens are still wary and won’t come near me, but the mother cat, perhaps because she’s very hungry, stares at me as if she wants to say something.

I put dry food for the cats we have at home in two bowls, and clean water from the water purifier in one. Hoping they’ll feel a little safer, I put the food and water under the car. They’re still very cautious, so I take pictures from inside the house, through the window.

As soon as I left, the little ones emerged from the bushes and started eating desperately, almost competing with each other. When the food runs out, they seem intent on filling their bellies with water, as they keep drinking for a long time. Perhaps they’ve never tasted such clean and delicious water before.

We have two sibling black cats who are 8 years old. Normally, they would hiss and get angry if other cats passed by outside the window, but they say nothing to these three and just watch them eat quietly from the window. Maybe they don’t harbor any hostility towards the kittens.

After the kittens fill their bellies with food and water, they start nuzzling into their mother’s belly and begin nursing.

The mother cat also looks satisfied with her full belly and cuddles up with the three kittens, showing a truly happy sight. Watching them, I also feel happy.

Just observing their gestures, cats can indeed bring happiness.

These cats, I can’t take them in because I have a reason.

I’ve been living in America for over 20 years, but I plan to return to Japan completely in about 5 more years. If my two 8-year-old cats are still alive at that time, I do intend to take them back to Japan, but having more than that would be absolutely impossible.

I’m thinking of practicing TNR (Trap-Neuter-Return, which involves trapping stray cats with traps, neutering them, and then returning them to their original location) to at least ensure they won’t go hungry.

I even considered just rescuing the kittens and having them taken in by an adoption center.

My two cats were adopted from an adoption center (a county-run facility for rescued cats and dogs) 8 years ago. The process was very simple at that time, so I thought as long as I took the cats there, they would be taken in. However, I was worried that if they weren’t adopted within a month, they might be euthanized.

Anyway, I haven’t been involved in this kind of thing much before, so I didn’t know much about it.

Simply feeding the kittens every day, watching them happily fill their bellies, playfully frolic around, and run about with joy has truly brought me happiness. It has become my daily delight and source of joy.

コメント

タイトルとURLをコピーしました