<子猫を保護#1>子猫たちとの出会い

子猫を保護

それは、突然、目の中に飛び込んできた。
いつものように2階の窓から外をのぞくと、グレーの猫が隣の家の車の横でリラックスしている。最近、よく見かけるようになった野良猫だ。すると、車のホイールの中で何か小さいものが動いているような気がして、目をこらした。

子猫だ!!

まだ生まれて1か月経っていないくらいの小さな子猫が、車のホイールの隙間から、出たり入ったりしているのだ。
トン!と、ホイールから器用に降りてくると、寝そべっている母ネコのお腹あたりで丸くなる。私は、その子猫から目が離せなくなった。
何?何?いつからいたの?いつ生まれたの?どこから来たの?もうこのときから既に、この子に夢中になっていたのだった。
可愛すぎる!!!
毎日のように子猫の動画が大好きで、見てはいるのだが、実物は格別だ!

子猫がホイールの中へ出たり入ったり、母猫のそばで甘えたりしているのを、時間を忘れて見ていた。ふいに、母猫が立ち上がり、フラッとどこかへ行ってしまう。子猫は、ポツンと車の横に残されている。
え!!大丈夫なの、ついて行かないと置いていかれちゃう、どうしよう。。。
しかし、子猫は慣れているのか、慌てる様子もなく、後を追いかけるのでもなく、また車のホイールの中に入っていった。

あんなところで暮らしているのだろうか?危なすぎるじゃないか。どうしたらいいのだろう、エサはどうしているの?どうして今まで気づかなかったのだろう、誰かが世話しているのだろうか。いろいろな疑問が頭の中を駆け巡る。

くつろぐ3匹の子猫たち

その日から、私の頭の中は、子猫のことでいっぱいになった。車の下を覗いては、子猫がいないか確かめる。すると、近所の車の下に、3匹の子猫を発見した。近づこうとすると、ぱぁっと、クモの子をちらすように逃げてしまう。驚かせてパニックになり、車にひかれたりすると大変なので、怖がらせないよう、遠くから見守る。

私は、8歳になる黒猫兄妹を2匹飼っているので、エサならすぐ準備できる。ごはん、どうしているのかな、あげたいな、でも誰かがお世話をしているのかな。そんなことばかり考えながら数日が過ぎた。

まさかこの猫たちにこれから、さんざん悩まされ、振り回されることになろうとは、このときは思いもよらず、ただただ可愛いと思っていた、野良猫たちとの出会いであった。

It suddenly caught my eye.

As usual, when I looked out of the second-floor window, I saw a gray cat relaxing next to the neighbor’s car. It was a stray cat that I’ve been seeing a lot lately. Then, I felt like something small was moving inside the car’s wheel, so I focused my eyes.

It’s a kitten!!

A tiny kitten, barely a month old, was moving in and out of the gaps in the car’s wheel.

With a thud, it skillfully descended from the wheel and curled up near its mother cat, who was lying down. I couldn’t take my eyes off that kitten.

What? When did it get here? When was it born? Where did it come from? From that moment on, I was already completely captivated by this kitten.

So adorable!!!

I love watching kitten videos every day, but seeing them in person is something else!!

I was completely absorbed watching the kitten going in and out of the wheel and cuddling with its mother, forgetting about time. Suddenly, the mother cat got up and casually went somewhere. The kitten was left alone by the car.

Huh!! Is it okay? If I don’t follow, it might get left behind. What should I do…

However, the kitten, seemingly accustomed to it all, didn’t panic or try to follow, but instead went back into the car’s wheel.

Is it living in such a place? It’s too dangerous. What should I do? How does it get food? Why didn’t I notice until now? Is someone taking care of it? Various questions raced through my mind.

From that day on, my mind was filled with thoughts of the kittens. I would peek under cars, checking if the kitten was there. Then, I discovered three kittens under a neighbor’s car. When I tried to approach, they scattered like spiders, causing me to startle and panic. Since it would be dangerous if they got scared and ran under a car and got hit, I watched from a distance so as not to frighten them.

I have two eight-year-old black cat siblings, so I can quickly prepare food for them. I wondered how they were doing with their meals, wanting to feed them, but also wondering if someone else was taking care of them. Days passed as I pondered such things.

Little did I know at that time that these cats would become a source of both worry and joy in the days to come. I had simply thought they were cute stray cats, unaware of the challenges and adventures they would bring into my life.

コメント

タイトルとURLをコピーしました